現代的な方法

人を弔う方法は時代によって変わってきていますが、花を手向けるといった故人を悼む心は石器時代から変わることはありません。信じる宗教などがあれば決まった形式の元葬儀が行なわれますが、弔う心があれば、決まった形式は必要としないのです。
告別式といえば祭壇があり、その回りには白を基調とした花が飾られることになります。参列をする人のために席が設けられ、お経や祈りが行なわれることとなります。
しかし、必ずしもこういった儀式を必要としないときは、直葬や家族だけで行なう密葬や家族葬など、いろんな方法で葬儀が行なわれますので、葬儀社も様々なプランを用意しています。

直葬は現代的な葬儀ともいわれます。現代社会では人の移動が激しく、人は生まれ育った場所とは違う場所で人生の終焉を迎えることもあるのです。人生の中で定住せずに、色んな場所を移動しながら暮らしていく人もいます。
特に参列者が居ない、資金的に大きな告別式は厳しいといったときに、直葬が行なわれるので、人との繋がりがシンプルな現代らしい葬儀であるといえるのです。
直葬とは火葬場にそのまま遺体を移動させ、火葬するといったものです。火葬場で簡単な葬儀をあげるようなプランもありますので、故人を悼む気持ちを大事にできます。
また、この方法であれば香典が入ってくることがないので、その点は理解するようにしましょう。

 

Site Menu

Design by Megapx Template by sozai-dx.com
Copyright (C) 2015 弔うきもちを大事にする~終活に関わること~ All Rights Reserved.