トラブル回避の方法

超高齢化社会の重要課題

超高齢化社会で最も緊急の課題として取り上げられているのが、やはり終活です。これに加えて、最近では老前整理という言葉も出てきました。どちらも残された家族の負担を考えて手続きや荷物の整理を行うということでは共通した課題であると言えます。その残されたものによってトラブルが引き起こされる原因を出来る限り減らしておくための対応をとっておくことは大変重要です。財産になる物でもあまりにも多い使われなくなった物でも、それは残された子供達を悩ませることになる場合がほとんどです。特に、遺品整理等はトラブルを引き起こす原因です。安易に処分できないものも多く、整理事態に手間がかかるばかりではなく供養が必要と思わせるようなものもあるからです。

形見分けは元気なうちに

本当に大切な物の形見分けは、自分が元気なうちに行った方がいい場合がほとんどです。亡くなってからでは、想定外の状況が起こりがちだからです。また、形見分けするほどではなく、自分以外が処分に困るような供養が必要と思われるものも自分で処分等を行っておいても良いかもしれません。また、自分自身が肌身離さず持っていたいと思うようなものや配偶者の形見等は燃やせる物なら一緒に火葬してもらうという方法もあります。こうすれば、自分自身も心残りなく旅立つことが出来るかもしれません。また、残された家族であるならば遺品整理の専門家に遺品整理をお願いする方法もあります。様々な業者が遺品整理を行っていますが、出来れば遺品整理の専門職がいる業者は高い理念と豊富な知識を持って取り組んでいるため、トラブルが少なく済んで安心です。

 

Site Menu

Design by Megapx Template by sozai-dx.com
Copyright (C) 2015 弔うきもちを大事にする~終活に関わること~ All Rights Reserved.