現代的な方法

葬儀といえば祭壇があり、お焼香をあげるところが何箇所かあり、そこに参列者がそれぞれ並びお焼香をあげるという仕組みがあります。直葬であればそういった葬儀ではなく、身内だけですぐに火葬する方法をとります。

さらに詳しく

コンパクトな仏壇

仏壇を購入する人に高い人気があるのはコンパクトサイズの仏壇です。値段が安いので購入しやすく、シンプルなので多くの人に愛されている人気の商品です。若い夫婦であっても購入できるのが大きなメリットです。

さらに詳しく

終わりのとき

兵庫で遺品整理をしてくれる業者はこちら!どんな物でも回収してくれるので安心ですよ!お見積りは無料です!

現代の住宅環境に合わせたモダンな仏壇をご紹介。気になる仏壇の価格などはこちらからご覧ください。豊富な品揃えで人気です。

仏壇や墓石、霊園など、私達は毎年の墓参りなどで必ずこういったものに触れることになります。先祖の存在を感じたり、近しい人の思い出に浸ったりすることができる場はとても貴重で、だからこそ毎年の行事に組み込まれているのです。
しかし、身近なものであるにも関わらず、それについてあまり知らないということはよくあります。例えば直葬など、葬儀の形式にもいろいろあるといったように、その時になってみなければ細かい価格や手続きなどは分かりません。
遠くに住んでいる家族の遺品整理をしなければならないなど、手続きや後処理が負担になることもあります。負担に思ってしまうということ自体にストレスや申し訳ないという気持ちを感じてしまうこともありますので、できるだけいろんな手続きや処理の方法があるということを知っていると楽になれます。

直葬や仏壇の用意についてはいろんな決まりごとがありますが、時代によって大きく変化している部分もあります。昔は檀家制度というものがあり、地域の寺が葬儀や霊園、墓石の管理を行っていましたが、今ではそれ以外の霊園も多く存在しているのです。
遺品整理が負担ならば、頼る事の出来る業者もあります。葬儀社以外にも、人の死に関わってくれるシステムや業者はたくさんあり、今後もっと増加してくると考えられています。
孤独死や遠くはなれた場所に入る家族の死、家族だけで行なう葬儀など、いろんな形式で人の死は悼む時代です。

後悔しない方法

将来、自分が入るお墓を生前に建立しておく人が増えています。ただし、お墓を立てた後になってから後悔しないようにするためには、情報収集をすることが大切です。またその際の費用についても調べましょう。

詳細を読む

人手の確保の為

遺品整理では、通常ならば故人の家族が行うものですが、場合によっては業者を呼ぶ場合があります。核家族化によって整理を行う人手が足りない場合があるため、業者を呼ぶことで負担なく整理ができるのです。

詳細を読む

トラブル回避の方法

遺品整理を行うことは、故人が現世に残した物品を処分したり、分配したりする、残された者にとって欠かせない行為です。適切に業者に依頼することで、トラブル回避を期待することもできて、悩み解決の方法にもなります。

詳細を読む
 

Site Menu

Design by Megapx Template by sozai-dx.com
Copyright (C) 2015 弔うきもちを大事にする~終活に関わること~ All Rights Reserved.